2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業日
発送業務お休み
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
 
 
 
 
 

トップ > 臨床医学 内科 > アレルギー科 > 食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009
臨床医学 内科 > 呼吸器科 > 食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009
臨床医学 内科 > 皮膚科 > 食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009
臨床医学 内科 > 小児科 > 食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009

食物アレルギー経口負荷試験ガイドライン2009

発売日 :2009年4月17日
  • 監修 :宇理須厚雄・向山徳子・ほか
  • ISBN :978-4-87794-118-5
  • 判型 :B5判

食物アレルギーの原因食品の同定に経口負荷試験が導入されてから、医師はより明確な除去食品の指導ができるようになりました。しかし、経口負荷試験には、アナフィラキシーのような重篤な過敏症状が生じる場合があることが意外と知られていません。そこで本GLは、経口負荷試験の標準的な方法を解説し、経口負荷試験に熟練した医師が看護師や栄養士などの人員をそろえ、翌日まで経過観察や治療を行い得る入院設備が必要であることなどを示しています。より安全性の高い経口負荷試験を進めるために必要不可欠な解説書となっています。

価格 : 1,620円(税込)
数量
 

送料は1梱包(10冊)につき(皮膚病診療は1冊につき送料165円です)(アルファクラブ会報バックナンバーは送料無料、会報 は1冊につき送料82円です)

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ